代表プロフィール

●代表プロフィール


大沼 恭子(おおぬま きょうこ)

クリーロ企業文化研究所 代表
自律化経営になる事業の環境整備アドバイザー
特定社会保険労務士(登録番号 13120351)
TOCジュニアインストラクター

 

社員が指示待ちになっていて自発的に動いてくれない、自分の想いや会社の方針が社員に伝わっていない、社員の持ち味を活かせていないとお悩みの経営者に、労働法の専門知識と2013年から研究してきた自律型組織をベースに事業の環境整備をサポート。
ネットメディアや不動産仲介、新聞販売店など様々な業種を対象に、事業の環境整備を通じて自律化経営をアドバイス。「支援した年の決算で売上3.5倍利益60倍」「求人ゼロから15人になり求めていた人材を2名採用」「指示しなくても社員が最適な判断をできるようになった」「社員教育が楽になった」「会議が報告会ではなく創発が起こる有意義な時間に変わった」など成功事例多数。

社会保険労務士事務所の代表でもあり、労使トラブルの起こらない社員が安心して働けるための環境づくりを得意とする。顧客の業種は多岐にわたるが、フィットネスクラブ・建設業・運送業など現場が主体となる産業が多い。専門家として、日経ウーマン、日経ムック、日経ビジネスオンラインなどに監修記事掲載実績あり。

略歴・実績

■略歴
山口県防府市出身
東証一部上場情報サービス企業に新卒で入社。
主に、業種別情報データベースのコンテンツ作成業務に従事。
在職中に「業務改善プロジェクト」に参加し、優秀賞を受賞。
結婚後、しばらくして退職。
退職後は主婦業の傍ら、非正規職員として「教育委員会の情報教育支援員」、「大型複合機のテクニカルサポート」、「経済短期観測(短観)調査補助」、「製薬会社での労務相談」などの職に就く。
2010年11月、社会保険労務士試験に合格。
合格後、千葉労働局にて嘱託職員(助成金支給申請アドバイザー)として、助成金支給審査・事業所実地調査業務に従事。支給審査450件、事業所実地調査160件の実績を積む。2012年3月で退任。

2012年8月28日、千代田区九段南でクリーロ社会保険労務士事務所を開業。
2013年8月6日、千代田区三崎町へ事務所を移転。
2014年3月、紛争解決手続代理業務試験に合格
2014年5月1日、特定社会保険労務士付記。
2015年10月1日、中央区新川へ事務所を移転。
2016年4月1日、屋号をクリーロ企業文化研究所に変更。現在に至る。

メディア掲載実績

■保有資格
特定社会保険労務士(登録番号 13120351)
TOCジュニアインストラクター(株式会社ソフトパワー研究所認定)
2級ファイナンシャル・プランニング技能士
日本商工会議所 簿記検定2級
証券外務員Ⅱ種
初級システムアドミニストレータ
秘書検定2級

■講演・セミナー実績
ちば女性のつどい講師(2013年3月)
助成金活用セミナー(2014年4月)
中小企業家同友会千葉西支部 自律型就業規則について(2014年12月)
戦略塾 企業文化づくりについて(2014年12月)
マイナンバー対策セミナー(2015年8月)
利益増・高定着率・ノー残業を実現する儲かるホワイト企業化セミナー(2017年4月~)
業務フロー改善セミナー(2019年3月~)
みんなでつくる就業規則セミナー(2019年8月~)
テレワーク導入セミナー(2020年4月~)
ルール共創式TOCセミナー(2020年7月~)

■研修実績
価値観共有研修(2014年4月~)
持ち味発掘研修(2015年4月~)
自律型組織化研修(2015年4月~)
コミュニケーション構築研修(2019年8月~)
TOC研修(2020年2月~)
その他社内研修多数