ごあいさつ

■代表プロフィール

●コンサルティング業務を始めたきっかけ

開業以来、社会保険労務士として顧問サービスを中心にヒトの分野をサポートする業務を行っていました。経営者の皆さまとご縁をいただき、とても遣り甲斐がありましたが、様々な問題に接するにつれ、ヒトの分野だけのサポートではお力になりきれない、という思いを次第に抱くようになりました。一般的に経営資源は、ヒト・モノ・カネと言われています。

ヒトだけでは部分最適に過ぎません。
どうやったら、モノ・カネも含めた会社全体の調和が取れるのだろうか?

試行錯誤を重ね辿り着いたのが、

会社の永続的な繁栄には、OSとなる経営理念が何よりも大切であり、それは経営者の本音から作られなければならない
ヒト・モノ・カネのすべての源は本音の経営理念にあり。

ということでした。

ここから本音の経営理念作成コンサルティングが始まりました。

そして、本音の経営理念作成コンサルティングを始めたことがきっかけで、これまでとは違うフィールドの方々とご縁をいただくようになり、モノ・カネの分野もサポートできる体制が整ってきたのです。

●なぜ「面白い」にこだわるのか?

私のコアとなる価値観には、「面白い」というものがあります。

子供の頃から、担任の先生や周囲の大人に
「独自性が強い」「発想力がある」「将来大物になる」と評されてきました。
要するに「ちょっと変わった子」だと思われていたのだと思います。
それが子供心にコンプレックスとなり、出来るだけ目立たないように過ごしたい、みんなと同じでありたいといつも考えていました。

大人になってもそれは変わらず、なるべく目立たずをモットーにしていたのですが、そのコンプレックスが転回する時が来ました。
社会保険労務士事務所開業から2年ほど経った時です。

ビジネスの方向性を考えるために自分の棚卸しをしたところ、
「面白い」ということは、私にとってコアとなる価値観であり、持ち味でもあるんだ。
ということに初めて気付いたのです。

「面白い」にとことんこだわってみよう

と考え始めたある時、ふと、一つの仮説が頭をもたげてきました。
会社や集団では、声の大きい人が場をコントロールすることが多いけれど、

面白いアイデアは大多数の声の小さい人の中に埋もれているのではないか?

というものです。

話は少しそれますが、マーケティングの知見に、イノベーター理論というものがあります。
イノベーターは真っ先に飛びつく革新的な人たちで、全体の2.5%と言われています。
しかし、いくら革新的な人であっても、あらゆる分野においていつもイノベーターということはありません。
なぜなら、人の興味は多岐にわたるからです。

しかし、会社や集団では、声の大きい人が口火を切り、場を制し、しかもその声の大きい人がいつも同じ、というパターンが多いのです。

声の大きい人のアイデアが面白いならともかく、そうでないことが多い。
これでは発展性がないだけでなく、衰退してしまう。

そう考えた時に、先ほどの
おとなしい目立ちたくない人の中に、面白いアイデアが埋もれているのではないか?
という仮説が浮かんだのです。

そういう人も気軽に、色んなタイプの社員が入れ代わり立ち代わりイノベーターになれる環境ができると面白いのではないか?
そして、それは、会社が安全で安心できる場所であれば実現できる。

そう確信し、「本音の経営理念を作ること」を起点に、社員が「それぞれの持ち味を活かしながら」「面白がって主体的に仕事ができ」、会社のビジョン実現に向けて自然と一貫性を持って繋がる自律化経営プログラムを作りました。

●これから皆さまに伝えたいこと

クリーロ企業文化研究所では、経営者のお話をじっくり聴き、経営者の本音を引き出し大切にすることをモットーとしております。
そして、遊び心も大切にしています。

・経営者の本音から経営理念つくる
・社員が面白がって働けて、自然と儲かっちゃう会社をつくる
・きれいごとだからこそ儲かるを実現する
コンサルティングをいたします。

経営者の「こんな会社にできたら理想的だけど、ちょっと非現実的じゃないかな?」
を実現する方法を考えるのが私の使命なのです。

私の美学(経営哲学)

遊び心を大切に 一貫性は永続性に通ず きれいごとは儲かる

■略歴
山口県防府市出身
東証一部上場情報サービス企業に新卒で入社。
主に、業種別情報データベースのコンテンツ作成業務に従事。
在職中に「業務改善プロジェクト」に参加し、優秀賞を受賞。
結婚後、しばらくして退社。退社後は主婦業の傍ら、非正規職員として「情報教育支援員」「テクニカルサポート」「人事相談」「経済短期観測調査補助」などの職に就く。
2010年11月、社会保険労務士試験に合格。
合格後、千葉労働局にて嘱託職員(助成金支給申請アドバイザー)として、助成金支給審査・事業所実地調査業務に従事。支給審査450件、事業所実地調査160件の実績を積む。2012年3月で退任。

2012年8月28日、千代田区九段南でクリーロ社会保険労務士事務所を開業。
2013年8月6日、千代田区三崎町へ事務所を移転。
2015年10月1日、中央区新川へ事務所を移転。現在に至る。
2016年4月1日、屋号をクリーロ企業文化研究所に変更。

メディア掲載実績

■保有資格
特定社会保険労務士(登録番号 13120351)
2級ファイナンシャル・プランニング技能士
日本商工会議所 簿記検定2級
証券外務員Ⅱ種
初級システムアドミニストレーター
秘書検定2級
TOCジュニアインストラクター(株式会社ソフトパワー研究所認定)

■講演・セミナー実績
ちば女性のつどい講師(2013年3月)
助成金活用セミナー(2014年4月)
中小企業家同友会千葉西支部 自律型就業規則について(2014年12月)
戦略塾 企業文化づくりについて(2014年12月)
持ち味発掘研修(2015年4月~)
マイナンバー対策セミナー(2015年8月)
利益増・高定着率・ノー残業を実現する儲かるホワイト企業化セミナー(2017年4月~)
業務フロー改善セミナー(2019年3月~)
みんなでつくる就業規則セミナー(2019年8月~)
TOC研修(2020年2月~)