お知らせ・ご案内

:相談に答えないという切り口に膝を打ちました

    ここのところ頭がとっちらかっていたので、日頃からお世話になっているたくらみ屋の森本繁生さん
    「相談に答えない事業相談(オンライン)」をお願いしました。

    森本さんは、TOC(制約理論)を活用した経営改善やイノベーションのサポートを得意とされていて、森本さんが関わった後には、なぜか組織が自律的になっているという、とにかく面白い方なのです。

    「独自性」「イノベーション」「面白い」この辺りに激しく食指が動くタイプなので、即申込み。
    どうやら第一号だった模様(笑)

    事実だけを見て因果関係で整理する

    さて、相談に答えない事業相談がスタート。
    「最近頭がとっちらかってるんですよ~」と言うと、穏やかな口調で、語りかけてくださいます。

    森本さんは、いいも悪いも言わない。(相談に答えないからね!)
    ただただ私から出てきた言葉を付箋に書き出して、目に見える事実に変換し、それを因果関係で整理してくださいます。

    因果関係で整理された付箋を見ると、なるほど納得。

    頭の中もスッキリ。

    自然と方針が定まってきます。

    対立していると思っていた事象も、矛盾していない。

    だったらこうすればいいかも?とアイデアも湧いてきて、答えはやっぱり自分の中にある。

    いいも悪いも判断しないことの効能

    さて、この「相談に答えない事業相談」をお願いして気付いたことがあります。

    冒頭でも書きましたが、私は「イノベーション」という言葉が大好き!

    あまりにも自分がグッと来るもので、イノベーションだの変容だの、そういったことの素晴らしさをお客様に熱く説き過ぎてたなあ。

    「熱く説く」と「熱意が伝わる」は全くの別物。
    また、否定的意見を言わなきゃいいってものでもない。
    いいを言い過ぎるのも価値観の押し売りというヤツだった!と反省しきり。

    世の中には変わらなくても困らない。
    というパターンもあるんですよね。

    それにしても、「相談に答えない」という切り口は斬新です。

    いいも悪いも判断しない。ということは、フラットな立場で事実だけを見つめられるということ。

    おかげで頭が整理された上に、アイデアも湧いてきて、内省まで出来ちゃいました。

    こちら、森本さんのお人柄と持ち味とTOC思考プロセスが絶妙に融合して出来上がってるからこそなのですが、TOC思考プロセスは私も学んでいるので、内省にもっと活用しよう!と思ったのでありました。

    たくらみ屋さんって面白そう!と思われた方は、是非こちらをご覧くださいね。
    最近はオンラインのコンテンツも充実していてお薦めです!